北海道で医学部の受験をすることに

予備校に通わないと合格は厳しい

それまでは学校の試験対策には十分の塾に通っていたのですが、医学部を目指すとなれば学校の成績も大事ですがそれ以上に受験対策が重要となりますから、予備校に通わないと合格は厳しいと思ったのです。
札幌だと北海道の中でも有名な予備校はたくさんありますから、予備校選びも困ることはなくそこから受験に向けて短い高校生活がスタートすることになったのです。
二年生の直前に受験勉強を始めたことになるので、まだまだ二年は残っていると最初は思っていたのですが覚えなければならないことがたくさんあって、これが非常に大変なものでした。
そのため、途中で挫折をしそうになったのですが学校の成績自体は伸びていたので、それなりに実力は付いているのだと実感できていたことから途中で諦めるのも勿体無いと思いなんとか食らいついていくことにしました。
最初のうちは大変だったのですが、知識が身についていくごとにそれがベースとなって新しいことを覚えるのもそれほど苦労することがなくなったため、意外なことに大変だったのは最初の頃だけで後半になってくるとそれほど大変には感じませんでいた。

将来の夢は特に決まっていなかったのですが | 予備校に通わないと合格は厳しい | 本当に合格できるのだろうかという不安